赤ちゃんもなりやすいの詳細について

脂漏性皮膚炎におすすめの頭皮用シャンプーとは?

トップページ > 赤ちゃんもなりやすい
赤ちゃんもなりやすい

脂漏性皮膚炎(フケ症)は乳児型と成人型がみられています。乳児型はおもに生後3ヶ月以内の乳児にみられる皮膚の炎症です。この時期の赤ちゃんは男性ホルモンが活発で、皮脂もかなり分泌されるために皮膚炎になりやすいのです。別名、乳児脂肪冠とも呼ばれています。

皮脂分泌の多い頭などに黄色いフケ状のものが付着するのですが、皮脂が固まってできたものです。大人の脂漏性皮膚炎(フケ症)と違ってかゆみはみられません。風呂の時に石鹸でよく洗うことで対策を取ることができます。

生後5、6ヶ月もすれば皮脂分泌も収まって自然に消えていくことが多いため、それほど気にしなくてもいい症状といえるでしょう。ただ、フケの多い症状としてアトピー性皮膚炎もありますので、よく見分ける必要があるでしょう。乳児型脂漏性皮膚炎(フケ症)の場合には顔や頭に湿疹が出るケースが多いので、それ以外の箇所に湿疹が出る場合には気をつけたほうがいいでしょう。

また、赤ちゃんのお肌は大変薄く、刺激に弱い性質を持っています。汗をかいたり食事をこぼしたりするだけで湿疹が出てしまうこともあります。まめにお肌を拭いてあげて刺激が続かないようにしてあげましょう。

お風呂に入れてあげることでお肌を清潔に保てますので、湿疹予防にも効果がみられます。ただ、乳児型脂漏性皮膚炎(フケ症)とアトピー性皮膚炎を見分けるのが難しいことを考えると、湿疹ができたら早めにお医者さんを受診してみるのが安心かもしれません。

先月度の脂漏性皮膚炎用シャンプーの人気ランキング 更新
関連エントリー
Copyright © 2011 脂漏性皮膚炎におすすめの頭皮用シャンプーとは? . All rights reserved