フケ症で困るのが、かゆみの詳細について

脂漏性皮膚炎におすすめの頭皮用シャンプーとは?

トップページ > フケ症で困るのが、かゆみ
フケ症で困るのが、かゆみ

脂漏性皮膚炎(フケ症)になるとフケが多くなりますが、乾燥型フケ症のように大量のフケが衣服の肩に落ちるということは少ないようです。脂漏性皮膚炎(フケ症)の場合はフケが過剰な皮脂と混じり合って頭皮にベットリ付着することが多いのです。落ちない反面、毛穴の詰まりや炎症から、かゆみを発生させることが多くみられます。

脂漏性皮膚炎(フケ症)でかゆみがひどいからとバリバリ掻きむしると、かえって症状を悪くしてしまうこともあるので要注意です。フケは基本的には古くなった皮膚ですから、爪などで掻きむしるとさらにフケが増えていくのです。また、掻くことで炎症をひどくしてしまう可能性もあります。

かゆいからといって、頭皮を掻かないことが重要です。掻けば頭皮が傷つき、炎症をひどくし、真菌があれば繁殖してしまいます。かゆくても掻かない、これが大切なのです。

かゆみ対策としては、毎日シャンプーをする事があげられるでしょう。シャンプーをすれば皮脂や汚れを落とすことができて、ある程度かゆみも収まります。シャンプーをする時には爪を立てないで指の腹で擦ると、皮膚を傷めないですむでしょう。

また、頭皮に汗をかいた時にはすぐ拭きとっておくことも、かゆみを生じさせない方法といえるでしょう。また、皮膚科でかゆみ止めを処方してもらったり、ローラー針を使う方法もあるでしょう。いずれにしても、かゆみはなかなかガマンしにくい症状です。「掻けば悪くなる」と自分に言い聞かせながら対策をいろいろ工夫してみましょう。

先月度の脂漏性皮膚炎用シャンプーの人気ランキング 更新
関連エントリー
Copyright © 2011 脂漏性皮膚炎におすすめの頭皮用シャンプーとは? . All rights reserved