湿疹の関係の詳細について

脂漏性皮膚炎におすすめの頭皮用シャンプーとは?

トップページ > 湿疹の関係
湿疹の関係

「頭に湿疹ができちゃって」とよくいいますが、湿疹とは何でしょうか。湿疹とは皮膚炎のことなのです。湿疹ができるとたいてい皮膚の表面が赤くなり、腫れることもあります。それは内部で炎症が起こっており、その炎症を鎮めようと血液が集まり毛細血管が拡張することで赤く色がついてくるのです。

湿疹=皮膚炎にもいろいろな種類が存在します。アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などがあります。そのなかでも脂漏性皮膚炎は、マラセチア・フルフルという真菌によって脂肪酸が発生して皮膚が刺激を受けるために発症するものです。脂漏性皮膚炎(フケ症)もそうして頭皮に炎症が起こって生じる症状です。基本的には皮脂が分泌異常を起こして過剰な脂分を分泌し、お肌が脂でベトベトになることから引き起こされる湿疹なのです。

この皮脂過剰分泌には、性ホルモンのアンバランスやビタミンBの不足などが関係しているようです。男性ホルモンが多過ぎると皮脂も多く分泌され、湿疹が出やすいといわれています。2〜3ヶ月の赤ちゃんは男性ホルモンの分泌が多いそうで、肌に湿疹が出やすくなるようですが、これが頭皮に出るとフケがたくさん発生してしまうのです。また、おじさんは脂ぎっていてイヤだ、などといわれますが、中高年男性も皮脂の分泌が多くなり脂漏性皮膚炎(フケ症)から脱毛や薄毛を併発しやすいのです。湿疹はかゆみがともなうために、どうしても掻きむしってしまいがちですが、それによって炎症箇所を広げてしまうこともあるので注意が必要です。

先月度の脂漏性皮膚炎用シャンプーの人気ランキング 更新
関連エントリー
Copyright © 2011 脂漏性皮膚炎におすすめの頭皮用シャンプーとは? . All rights reserved