薄毛やハゲの関係とはの詳細について

脂漏性皮膚炎におすすめの頭皮用シャンプーとは?

トップページ > 薄毛やハゲの関係とは
薄毛やハゲの関係とは

脂漏性皮膚炎(フケ症)はフケがたくさん出て嫌われるのが困りものですが、薄毛やハゲとの関係がいろいろ指摘されています。フケが多くでるフケ症には乾燥型フケ症と脂性フケ症があるのですが、脂漏性皮膚炎(フケ症)は脂性フケ症から引き起こされる炎症なのです。

頭皮や鼻の先などは皮膚の中でも皮脂がたくさん出る箇所です。食生活やストレス、シャンプーの方法などいろいろな原因で、皮膚から出る皮脂が過剰になることがあります。その皮脂を毛穴に溜まるままにしておくとマラセチア・フルフルというカビがこの脂分を好んで食べて増殖し、皮膚の炎症を引き起こしてしまうのです。

また、毛穴に溜まった皮脂が酸化して脂肪酸になると皮膚が角質肥大を起こして毛穴がふさがれやすくなってきます。そうなるとさらに皮脂が溜まりやすくなりますし、内部での炎症も起こりやすいのです。

炎症がだんだん深く浸透していって、毛根に達してしまうと、毛が抜けやすい脱毛や毛が生えにくくなる薄毛を引き起こす可能性があるのです。経験を通して、髪の毛が薄くなる前にはフケが多くなるという前兆が感じられる場合があるのですが、このように脂漏性皮膚炎(フケ症)と脱毛や薄毛には深い関係があるといわれています。

なんとなくフケが多くなった、フケが落ちているよと指摘されることが増えたら、抜け毛や薄毛の前兆なのかもしれません。そうなる前に手を打っておくことが必要といえるのでしょう。フケが多くても嫌われやすいものですが、毛が薄くなるのももてない理由となりやすく、早めの対策が重要になってくるでしょう。

先月度の脂漏性皮膚炎用シャンプーの人気ランキング 更新
関連エントリー
Copyright © 2011 脂漏性皮膚炎におすすめの頭皮用シャンプーとは? . All rights reserved